【買って損なし!】贈り物にもオススメ!絶対おいしいバームクーヘン

食品

バームクーヘンといえば、どのようなイメージがありますか?

結婚式の引き出物の定番
お土産の人気ランキング上位

贈答品のイメージが強いのではないでしょうか。

誕生日のケーキの代わりに買ったり、家で手軽に手作りしたり、ということはあまりしないような気がします。

バームクーヘンが苦手という人もあまり見ないですが、定期的に買う人もあまりいないのではないでしょうか。

しかし、実はバームクーヘンを主力に扱った洋菓子店というのは案外あるんです!

全国のデパートに入っているような有名な店から、地域で展開する個人のお店まで。
気にして見てみると、案外いろいろなバームクーヘンがあることに気が付きます。

本当は目に付くバーウムクーヘンを片っ端から食べてみたいのですが・・
なかなかそんなことは出来ないので、今回はその一部、私が実際に食べてみたオススメのバームクーヘンをご紹介したいと思います!


CLUB HARIE

おそらく、私が専門店で購入した初めてのバームクーヘンはクラブハリエだったと思います。

名古屋高島屋で焼きたてのバームクーヘンが食べられるという評判を聞きつけて、列に並びました。

現在は名古屋での焼きたてバームクーヘンは常時販売ではなく、イベント時に販売しているのみだそうです。

本店は滋賀県近江八幡市

店舗数はさほど多くなく、関西圏の他は東京・横浜・名古屋・福岡のデパートへの出店のみです。

季節やイベント限定のパッケージがあり、そのバリエーションはかなり豊富。
2020年版ですでに5種類が出ています。(3月現在)

小さなサイズも販売していて、手のひらサイズのバームクーヘンmini1個入りは税込465円
ちょっとした贈り物にも最適です。

賞味期限が当日中の焼きたてバームクーヘンは、現在は滋賀と日本橋三越でしか購入できない模様。
食べたかったです・・。

Nim
Nim

先日、博多阪急のクラブハリエに日持ち当日中のバームクーヘンを発見しました!
もしかして焼きたて??
と思い店員さんに訊ねたところ、「焼きたてではありませんが、当店で焼いたものです」とのこと。


私が食べたかったやつ!と思い、早速購入しました。
ふわふわでとても美味しかったです!


ねんりん家

東京に行った(自分への)お土産の定番ねんりん家です。

東京のお土産といえばたくさん有名なものがありますが、人にオススメするのも自分で購入するのもいつもねんりん家のバームクーヘン

ふんわりが楽しめるやわらか芽と、外はかりっと中はしっとりが楽しめるしっかり芽という異なる食感のバームクーヘンを販売。

いつも東京駅の大丸か駅内で買っていたので気にしていなかったのですが、調べてみると取扱い店舗が結構少ない!

東京駅の他には銀座本店池袋横浜、そして梅田

羽田空港品川駅といった玄関口にも販売店はあるようなので、お土産には困らなそうですが・・それにしても少なすぎます。

春季限定の桜の国のマウントバームが食べたかった私はインターネットで購入しました。

春季限定のバームは3/31までの販売ですが、それ以外のねんりん家のバームクーヘンは大丸松坂屋オンラインショッピングから出来ます。

大丸松坂屋オンラインショッピング

ちなみに、よく買っていたちいさなバームツリーは、2019年11月をもって販売終了していました・・。


治一郎

静岡県浜松市が本店の洋菓子店、治一郎

カタカタやアルファベット表記の店名が多い洋菓子店中で一際目を引きます。

しっとりふんわりとしたバームクーヘンは、パサパサ要素皆無でまるで蒸しケーキのよう
こんなバームクーヘンもあるのだなあと感心しました。

老舗店のような高級感ある店舗に並ぶバームクーヘンは、大切な贈り物にぴったり。

贈り物用の箱詰めバームクーヘンは、円形のものだけではなく、カットバームを個別包装したものもありますので、様々なシーンに対応できてとても便利です。

もちろん自分用に買ってみたいなという人にも安心。

4カット入りのバームクーヘンカットは270円(税込)とお買い求めやすい値段です。

コンビニででおやつを買うくらいの感覚で買えるのがすごいと思います。
仕事の合間に治一郎のバームクーヘンって、かなりオシャレじゃないですか?

お試しで食べてみたいという需要にも、しっかり応えてくれる辺りにとても好感が持てました。

バウムクーヘンカット 270円(税込)

fattoria da Cosimo

福岡に有名なバームクーヘンがあるよと教えてもらいました。

福岡市南区にあるファットリア ダ コジモ

ここで販売されているお菓子は、正確にはバームクーヘンではないのだそうです。

樹木の年輪のような外見は同じですが、バ-ムクーヘンがドイツを起源にした焼き菓子なのに対し、ガトー・ピレネーはフランスを起源にしています

ピレネーという名前から分かるように、ピレネー地方の郷土菓子だそうです。

紹介文で、「ガトー・ピレネーというバームクーヘン」と説明されていたりもしますが、実はガトー・ピレネーの方がバームクーヘンの原型とのこと。

日本で知名度の高いバームクーヘンに比べ、ガトー・ピレネーはあまり知られていないので仕方ないのかもしれません。

ダ コジモのガトー・ピレネーはとにかくこだわりがすごい!

食材はもちろん、ガトー・ピレネーの入った箱や一緒に封入されているメッセージペーパーにもこだわりが見られます。

さっくりとふんわり両方が楽しめる上に、フルーツケーキのドライフルーツも隠れていて、かなり私好み味でした。

見た目もかなりオシャレなので手土産としてもオススメです。

ダ コジモのお店は少し行きにくいところにあるようですが、ガトー・ピレネーは福岡の三越博多駅の銘品蔵、そして阪急うめだでも購入できます。

Nim
Nim

博多駅の銘品蔵はいくつかあって迷いますが、ガトー・ピレネーが売っているのは博多口店
ドラッグイレブンの向かい側のお店です!

ぴよすけ
ぴよすけ

迷って店員さんにききました!


贈り物にも自分用にも!

バームクーヘンは贈答品として高級感のあるお菓子でありながら、フォークなどを使わずに片手食べられる手軽さも持ち合わせています。

世代を越えて好まれるため、家族揃った場でのお茶菓子としてもぴったりです。

バームクーヘンを扱った店舗は多いですが、店舗数があまり多くなかったり、地域によっては直接買いに行くのは難しい店舗もありますが、インターネットで購入できるものも多いので、ぜひ気になるものがあれば購入して召し上がってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました